2008年12月23日

NETで市販の風邪薬が買えなくなる?!

最近ネットで欲しい物を検索していると度々ぶつかるのが、
2009年の6月以降に実施されようとしている一般用医薬品のネットでの購入が不可となること。

誰が思いついたんだか・・・

ネットでの第二類=一般用医薬品の購入を不可とする代償として、
コンビニやスーパーでの販売を可とする為に「登録販売者]という資格を
作った?ようです。

今、全国に4万人いるそうですが、
24時間営業のコンビニで対応するのは無理だと思うのですが・・・

それと[登録販売者]を信用して大丈夫なのでしょうか?
試験は7割を正解すればクリアできるそうです。
その後の薬に対する知識獲得の努力をする[登録販売者]が、どれだけ存在するのか??

僕も国家試験を通って得た資格を持っています。
僕の職場で同じ資格を持つ者が何人かいますが、その後の努力を
全くしないで、仕事にあたる者が実際にいます。
実際にお客さんに迷惑をかけることシバシバ。

一般用医薬品と言えども、最近の薬は医師が処方したものと同じ成分の薬も出回っていますよね。
[登録販売者]が、売った薬で何らかの事故が起こった時、誰が責任を取るのでしょう??
ま、っでも↑は、ネット販売にもあてはまるのですけれどもね。
でも、このままだとネットで、購入できたのがスーパーやコンビニで、
購入が可能になるだけでしょ?違いますかねえ??
一般用医薬品のそのものの危険性、安全性に関しての関門は、どちらもクリアできているとは僕には思えません。

参照なさっていただきたい下に列記したjapan-medicine さんの記事の冒頭にでてくるシステムなら、
僕としては、かなり安全性に配慮したシステムになると思うのですが

[以下参照]
登録販売者 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BB%E9%8C%B2%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E8%80%85#.E8.A9.A6.E9.A8.93

japan-medicine [検索の都合でキャッシュ表示です。]
公的な基準づくりが欠かせないOTC薬のネット販売
時計の針、前に進めるべき  2008.12.15
http://72.14.235.132/search?q=cache:XhPLaQh79_sJ:www.japan-medicine.com/shiten/index.html+%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E8%96%AC%E3%80%80%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%80%80%E4%B8%8D%E5%8F%AF&hl=ja&ct=clnk&cd=10

ケンコーコム
9月17日に厚生労働省より発表された、『薬事法施行の一部を改正する省令案』において ・・・
http://www.kenko.com/info/notice/otc/public_comment.html

コンビニって日本にどれくらいの店舗数あるんでしょう?
yahoo!知恵袋 2007/11/4 19:39:10
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013341700
posted by カルマ馬場高田 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111576557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。